2023年1月

2023年1月お届け内容/レシピ

2023年1月お届け内容/レシピ

あけましておめでとうございます。
新しい年の幕開けとなる1月が始まりました。

今月はCHIUnEプロデュースのメニューです。
まだまだ油断ならない厳寒の季節、体が温まるイタリアの伝統的な家庭料理をお届けします。
イタリアにおいてのみそ汁のような料理パスタ・エ・ファジョーリ、サクサクとした食感が楽しいミラノ風カツレツ、リッチな味わいに仕立てたラグーソースパスタなど、寒い日にも英気を養えるようなメニューを用意しました。

これからも、tokotowaを通じて皆様が豊かな時間をお過ごしいただけるよう、精進してまいります。
今年もtokotowaをどうぞよろしくお願いいたします。

古田諭史

今月のメニュー

  • ※ペアリングワインありの方のみ
事前準備が必要なもの
  • (お好みで)オリーブオイル
  • (お好みで)レモン、トマト、クレソン

01 パスタ・エ・ファジョーリ

パスタ・エ・ファジョーリ

イタリアの伝統的なスープで、日本でいうみそ汁のように親しまれる家庭料理です。バリエーションは様々ですが、tokotowaでは、うずら豆と、玉ねぎやにんじんなどの野菜を、柔らかくなるまでじっくり煮込んだあとブレンダーにかけることで、口あたりの良いクリーミーなスープに仕立てました。

器具と準備物
  • 鍋(湯煎用)
  • (お好みで)オリーブオイル
作り方
スープのパウチを、沸騰を保ったまま湯煎で温める(目安5分)。3分30秒経ったら、コンキリエ(パスタ)のパウチを同じく湯煎で温める(目安1分30秒)
温めた器にスープとコンキリエを入れ、完成。お好みでオリーブオイルを回しかけて召し上がりください

02 ミラノ風カツレツ

ミラノ風カツレツ

ミラノでの愛称は、オレッキエ・ディ・エレファンテ。意味は「象の耳」で、まさに象の耳を広げたような形をしたカツレツです。現地では仔牛肉のロースを使いますが、今回は豚肉のロースを使用しています。叩いて薄く伸ばしたお肉を、チーズを混ぜ込んだ衣につけ、たっぷりのバターで揚げ焼きにすることで、焼き色は綺麗なきつね色になり、さっくりと歯切れのよい食感と、香ばしいチーズとバターの味わいが楽しめます。付け合わせには、レモンやトマト、クレソンがおすすめです。

器具と準備物
  • 鍋(湯煎用)
  • フライパン
  • (お好みで)レモン、トマト、クレソン
作り方
すましバターのパウチを、沸騰を保ったままバターが溶けるまで湯煎で温める(目安30秒~1分)
1で溶かしたバターをフライパンに流し込み、パウチから開けたカツレツを冷凍のまま入れ、焦がさないよう弱火(バターがふつふつとするくらいの火力)で、片面がきつね色になるまでじっくり焼く
片面がきつね色になったら、ひっくり返して裏面もきつね色になるまで弱火で焼く
焼きあがったらキッチンペーパーの上に置き、余分な油脂を取ってからお皿に盛り付け、召し上がりください。付け合わせに、お好みでクレソン、カットトマトを添えてください。お好みでレモンを絞っていただくと、味わいの変化をお楽しみいただけます

03 ラグーソースパスタ

ラグーソースパスタ

ラグーとは、「肉や野菜などを小さく切って煮込んだ料理」のことで、ボローニャ風、トスカーナ風など、地域や家庭によって様々なレシピがあります。今回は、豚ひき肉と牛ひき肉のラグーを、トマトやマッシュルームと煮込んだ濃厚なパスタソースにしました。パスタは、ソースとよく絡みやすいフスィリをお送りします。ペコリーノロマーノの粉チーズをお好みでかけて召し上がりください。

器具と準備物
  • 鍋 大(パスタ用)
  • 鍋 中(湯煎用)
  • ざる
  • フライパン
作り方
ラグーソースを沸騰を保ったまま湯煎で温める(目安2-3分)
1%の塩分(塩10g / 湯1ℓ)の沸騰したお湯でフスィリ(パスタ)を9分茹でる。その際、100mlの茹で汁を取りおく。フスィリが茹で上がったら、ざるにあげ軽く水気を切っておく
ラグーソースをフライパンに入れ、2の茹で汁100mlを加えて、中火でなめらかなソースになるまで煮詰めてから、フスィリを入れソースと絡ませながら加熱する(目安2分30秒)
仕上げにバターを入れてよく混ぜ、お皿に盛り付けて完成。お好みでペコリーノロマーノをかけて召し上がりください ※ペコリーノロマーノは多めにおつけしております。1/3~半量を目安にお好みでおかけください。余った分はご家庭でお使いください

アルマニャックアイス

アルマニャックアイス

CHIUnEの定番「紹興酒アイス」のスタイルと同様、必要最小限の素材で、アルマニャックの香りを引き立てた、tokotowa限定のアイス。ふわりと鼻を抜けるアルマニャックの香りをお楽しみください。トッピングにオリーブオイルやチョコレート、ブランデーもおすすめです。

美味しい召し上がり方動画もご覧くださいませ。

※写真はオリーブオイルをトッピングしています

2021 OLIVELLI | PERTIMALI TOSCANA ITALY

イタリアのトスカーナ州、モンタルチーノ北部に広大な畑を持つワイナリー、サセッティ・リヴィオ・ペルティマリの白ワインです。
国際品種のシャルドネと、トスカーナの典型的な土着品種であるヴェルメンティーノを50%ずつブレンドしたエレガントな辛口です。
4世代続くワイン生産者であるペルティマリは、「偉大なワインは畑で造られる」という信念のもと、栽培から熟成にまで、こだわったワインづくりを行っています。
銘柄にある「OLIVELLI (オリヴェッリ)」は、昔畑がオリーブの木に囲まれていたことに由来しています。

見た目はキラキラとした麦わら色、香りはフルーティーで、若い桃や青リンゴとともに、ほんのり花のアロマが香ります。
フレッシュで爽快な味わいで、酸味が余韻にまで長く続きます。

キリッと冷やして、暖かい部屋で氷を入れて召し上がってもいただいても美味しいです。
その後は、部屋の室温でワインの温度を少し上げて味や香りの変化をお楽しみください。

今回のお料理では、ミラノ風カツレツとの相性が特に良いです。
豚の旨味の凝縮されたジューシーなお肉に合わせて召し上がりください。

スノージャスミン茶(碧潭飄雪)

スノージャスミン茶(碧潭飄雪)

スノージャスミンは、正式名称を碧潭飄雪と言います。
四川省の緑茶をベースにジャスミンの鮮花の香りを吸わせることで作られたお茶です。透明感のある、透き通るようなジャスミンの香りをお楽しみいただけます。

※茶葉は日光を避け、密封を保ったまま、常温保管してください。冷蔵庫で保管すると、取り出した際、結露によってお茶が急激に酸化します。決して冷蔵庫では保存しないでください。

※茶葉は日光を避け、密封を保ったまま、常温保管してください。冷蔵庫で保管すると、取り出した際、結露によってお茶が急激に酸化します。決して冷蔵庫では保存しないでください。

器具と準備物
  • 急須 (300cc程度の容量の急須に対して3〜5gの茶葉を使用)
  • 水は塩素を除くため、必ず沸騰させてからご使用ください
煎れ方
急須に沸騰水を注ぎ、急須自体を10秒間予熱する
急須に茶葉を入れ、沸騰水を注ぎ、10秒後 湯を捨てる。茶葉を予熱することで、より香りが出やすくなります
1煎目、沸騰水を注ぎ入れ、60秒蒸らす。濃い場合はお湯を足す
2煎目以降は茶葉が開いているため、蒸らし時間は数秒でお召し上がりいただけます
茶は数回淹れることが出来ます。一回だけではなく、何煎もお楽しみください
売り上げの一部を、子ども食堂を運営する、
NPO法人 全国子供食堂支援センター・
むすびえ
に寄付します。
© tokotowa All rights reserved.