2022年11月

2022年11月お届け内容/レシピ

2022年11月お届け内容/レシピ

吹く木枯らしに落ち葉も舞い始め、年末に向かって慌ただしい空気も漂い始める11月がやってきました。

今月はCHIUnEプロデュースのメニューです。
気づけばもう11月。僕は、冬が近づいてくるのを意識して、肌寒さを感じる中で食べる料理が好きだったりします。
今月の料理は、そんなときにふと立ち寄りたくなるような、家庭的な洋食レストランのメニューをイメージして作りました。

また、11月の祝日である「勤労感謝の日」は、労働への感謝のほかに、穀物の収穫や、日々の食卓にも感謝を捧げる日でもあるのだそうです。
豊かな食事が日々の活力になるように、ご自宅で大切な方と過ごすかけがえのない時間が、tokotowaを通じてより実りあるものになると幸いです。

古田諭史

今月のメニュー

  • ※ペアリングワインありの方のみ
事前準備が必要なもの
  • オリーブオイル
  • (お好みで)生クリーム 大さじ1-2
  • (お好みで)バターソテー野菜(おすすめ:インゲン、カブ)

01 鯖と里芋のテリーヌ 鰯のソース

鯖と里芋のテリーヌ 鰯のソース

古田諭史シェフが、岐阜でお店を開いていたときに作ったメニューです。テリーヌは、冬の保存食として作られたフランスの家庭料理で、肉や魚、野菜などの具材を容器に詰めて焼いたり湯煎した料理を指します。今月のtokotowaでは、鯖と内蔵の香りをつけた里芋をテリーヌに仕立てました。アンチョビのソースを添えることで、コクのある味と香りを堪能できます。

器具と準備物
  • なし
作り方
テリーヌのパウチを前日冷蔵庫で解凍しておく ※流水解凍も可能ですが、形が崩れやすいので、テリーヌに流水が直接当たらないようにしてください。冷蔵庫解凍がおすすめです
テリーヌのパウチは、形が崩れやすいため、ハサミでテリーヌの周りを切り抜くように開けてお皿に移す
解凍したソースをかけて完成 ※泡立て器やハンドミキサーでソースを泡立てるのもおすすめです

02 天城黒豚のステックアッシュ

天城黒豚のステックアッシュ

希少な天城黒豚の粗挽き肉を使用したフレンチスタイルのハンバーグです。つなぎを使っていないため、焼いている途中に身が割れやすくなりますが、肉そのものの味が赤ワインのソースに染み込み、旨味が増します。お子様がいるご家庭は、ソースに生クリームを加えることでまろやかな味になります。バターソテーした野菜や、目玉焼きを添えても美味しく召し上がれます。

器具と準備物
  • フライパン
  • (お好みで)生クリーム 大さじ1-2
  • (お好みで)バターソテー野菜
  • おすすめ:インゲン、カブ
作り方
お肉のパウチとソースのパウチを前日冷蔵庫で解凍しておく ※流水解凍も可能ですが、形が崩れやすいので、お肉に流水が直接当たらないようにしてください
フライパンに油を入れて熱し、お肉をパウチから開け入れ、強火で焦げ目がつくまで両面を焼く(目安片面1分ずつ)
recipe-proc-2-1
一旦火を消して、余分な油をキッチンペーパーで拭き取る
ソースをパウチから開け入れ、お肉にソースをかけながら中火で煮込む(目安4-5分) ※ソースをなめらかにしたい場合は、お好みで生クリームを大さじ1-2ほどソースに入れる
recipe-proc-4-1
お皿に盛り付けて完成。お好みで、目玉焼きや、バターソテーしたインゲンやカブなどの野菜を添えて召し上がりください

03 大山鶏のリ・ピラフ

大山鶏のリ・ピラフ

ジューシーな肉質の大山鶏をそぼろにしたピラフです。テリーヌとステックアッシュの付け合わせとしても、そのままでも満足度の高い一品です。おこげの食感もぜひお楽しみください。

器具と準備物
  • 蓋付きの鍋(直径17㎝程度でしっかり蓋がしまるもの)
  • オリーブオイル
作り方
スープのパウチを湯煎にかけ、温めておく
鍋にオリーブオイルとパウチの生米を入れ、米が半透明になるまで軽く炒める
recipe-proc-2-1
2にスープのパウチを開け入れ、沸騰させる。米が鍋底にくっつかないように時々混ぜる
recipe-proc-3-1
沸騰したら蓋をして弱火にして炊く(目安12分) ※蓋がしっかりと閉まらない場合は、アルミホイルなどを蓋の下に敷いて密閉度を上げる
火を止めて、蓋を開けて混ぜて完成
recipe-proc-5-1

紅茶ウォッカアイス

紅茶ウォッカアイス

古田諭史シェフがtokotowaのお客さまのためだけに作った、tokotowa限定アイス。口の中で溶けていく過程で、やさしく香る、紅茶、ウォッカをお楽しみください。お好みで、ウィスキー、黒胡椒のトッピングもおすすめです。 美味しい召し上がり方動画もご覧くださいませ。

※写真はウィスキーをトッピングしています

SERENITY ATARAXIA WINES | SOUTH AFRICA

南アフリカのワインです。
あまり馴染みがないかもしれませんが、美味しいワインが生まれる名産地です。
このワインは、ピノノワールとサンソー、冷涼地域で育ったピノタージュという、南アフリカらしいブドウ品種の親子ブレンドで、華やかで親しみやすい香りと、コクのある果実味のある味わいが特徴です。
14℃から18℃程の温度で、大ぶりのバルーングラスでお召し上がりください。冷蔵庫で保管される方はお召し上がりの1時間前ほどに常温に出しておくのがおすすめです。
今回の料理には天城黒豚ステックアッシュと相性が良いです。肉の旨味と脂の美味しさと共にお楽しみください。

茉莉龍珠(ジャスミンパール)

茉莉龍珠(ジャスミンパール)

茉莉龍珠は、真珠のような外観から「ジャスミンパール」とも呼ばれ、中国では非常に人気のお茶です。春に摘まれた緑茶にジャスミンの鮮花の香りを吸わせることで作られます。 高品質のジャスミン茶は、お茶に花の香りを移す作業を数回繰り返すことで、ジャスミンの新鮮な香りに加え、緑茶の甘い味わいと心地良い余韻を感じることができます。

※茶葉は日光を避け、密封を保ったまま、常温保管してください。冷蔵庫で保管すると、取り出した際、結露によってお茶が急激に酸化します。決して冷蔵庫では保存しないでください。

器具と準備物
  • 急須 (300cc程度の容量の急須に対して3〜5gの茶葉を使用)
  • 水は塩素を除くため、必ず沸騰させてからご使用ください
煎れ方
急須に沸騰水を注ぎ、急須自体を10秒間予熱する
急須に茶葉を入れ、沸騰水を注ぎ、10秒後に湯を捨てる。茶葉を予熱することで、より香りが出やすくなります
1煎目、沸騰水を注ぎ入れ、60秒蒸らす。濃い場合はお湯を足す
2煎目以降は茶葉が開いているため、蒸らし時間は数秒で召し上がりいただけます。茶は数回淹れることが出来ます。一回だけではなく、何煎もお楽しみください
※80℃くらいに冷ました湯で淹れるのもおすすめです。温度が高い方が香りがしっかりと感じられますが、低めの温度だと味がやさしくなります
売り上げの一部を、子ども食堂を運営する、
NPO法人 全国子供食堂支援センター・
むすびえ
に寄付します。
© tokotowa All rights reserved.