2022年10月12日料理紹介コラム

〈CHIUnE〉水炊き鍋BOX

〈CHIUnE〉水炊き鍋BOX

いつもtokotowaをご利用いただきまして誠にありがとうございます。 CHIUnEの古田 諭史です。

早いもので、2022年も残すところ2か月ほどになりました。
来たる年の瀬に向けて、皆さまどう過ごされるかを少しずつ考え始める時期でしょうか。

さて、昨年販売して大変ご好評いただきました年末年始限定の「天城黒豚のしゃぶしゃぶ鍋」に続いて、今年はCHIUnEプロデュースの「水炊き鍋」も販売させていただくことになりました。

今回は、年末年始限定のこちらのお料理について、お話しさせていただきます。

水炊き鍋のはじまり

少し前に、無垢な水炊き鍋を作りたいと思える出会いがありました。

それまでは、水炊きといえば濃厚で白濁したスープ、というイメージでしたが、とあるお店で、さらさらとした綺麗なスープで水炊き鍋を出していて、今までの水炊き鍋へのイメージが覆りました。

それからいくつかのお店を巡ってみたところ、透き通ったスープの中で一種類ずつ食材を調理していって、スープの味を少しずつ変化させていく仕立て方をするお店に出会いました。その水炊き鍋にとても感動して、「自分も作ってみたい」と思ったのが水炊き鍋のレシピのはじまりです。

そのお店では、すべての食材を調理し食べ終えるまでに、4時間近くかかっていたのですが、自宅で作るなら1~2時間ほどで完結できるようにできないかと試行錯誤しました。

まずはスープから

「水炊き鍋」と聞くと、寄せ鍋のようなイメージで一気に具材を入れてしまうことが多いのですが、この水炊き鍋は、ぜひ具材を一つ種類ずつ入れて、ひとつずつ味わっていくスタイルで召し上がっていただきたいです。

味付けは、食材そのものの香りを味わっていただきたいので、シンプルに藻塩のみお付けしています。途中で味に変化をつけたい場合は、ご家庭にあるポン酢などもおすすめですが、最初の一口目にはぜひ藻塩で味わっていただきたいです。

まずは、鍋で温めた鶏ガラスープを是非そのままお召し上がりください。鶏のガラをゆっくり煮詰めた、純粋なお肉の味だけが染み出したスープを味わってください。

水炊き_スープ

最初の具材は鶏から

次に、鶏肉を入れます。今回選んだ鶏は「美桜鶏」です。名前の通り、桜色の美しい肉質が特徴的な鶏肉で、しっかりとした濃い味を持っています。

スープに鶏肉の旨味が沁みこむことで、もう一段階、スープがもう一段階クリアな鶏の味に変化します。

水炊き_鶏

野菜による味の変化

鶏肉の次には野菜を入れます。冷凍でお送りするため、野菜を同梱できなかったのですが、白菜のほかには、榎木、ネギなど、お好きなものをご用意いただければと思います。

僕のイチ押しは、なんといっても白菜です。

白菜は15分ほど煮込んでください。フレッシュな食感がお好みならそれより短めでもいいのですが、じっくり煮込んでいただくと、野菜の土の香りがスープに沁み込み、最初の一口目とは異なる味の変化を味わえます。

水炊き_白菜

さらに、ここでくずきりを入れてスープに絡ませて、ツルツルっと召し上がっていただくことで、のど越しよくスープの味を堪能することができます。

5部位を使用した特製のつみれ

〆のおじやの直前に、つみれを入れてください。このつみれは、手羽、首、もも、軟骨、皮の5種類をミックスした特製つみれです。

つみれは、おじやのタイミングまで待っておじやと一緒に混ぜて食べても美味しくお召し上がりいただけます。

水炊き_つみれ

CHIUnE専用区画で育ったお米で〆のおじや

〆には、これまでの具材の旨味が沁みこんだスープにお米を入れて、おじやにしてお召し上がりください。

お米は、入れる前に浄水で30分以上浸水してください。

おじや用に今回お送りしたお米は、北海道の月形ファームにある、CHIUnE専用の区画で作っている「ゆめぴりか」です。お店で使う美味しいお米を探していたとき、北海道の農家の方と知り合い、直接田んぼを見に行って以来、ここで育てたお米を使用するようになりました。

おじやに入れる卵は、ボウルに割り入れて、黄身はつぶさずにそのままドボンとお鍋に入れてください。(おじやの中でポーチドエッグを作るイメージです)

水炊き_おじや1

白身が固まったら、おじやと一緒にお椀によそいます。最初は卵はくずさずにお米だけを食べて、そのあと卵を割っていただくと、黄身と出汁とお米が綺麗に絡んで美味しくお召し上がりいただけます。

水炊き_おじや2 水炊き_おじや3

こうして具材を一つ一つ入れて煮込んでいくことで、スープの変化をひとつずつ楽しめますし、具材の味をより強く感じることができます。

まるでコース料理のように楽しめる水炊き鍋を、ぜひご家庭で味わってみてください。

この年末、皆様が大切な方と共に豊かな時間を過ごすことができるよう、お祈りしております。 引き続きtokotowaを何卒よろしくお願いいたします。

CHIUnEオーナーシェフ / tokotowaチーフプロデューサー 古田 諭史

〈CHIUnE〉水炊き鍋BOX
〈CHIUnE〉水炊き鍋BOX
gift box
20,000/(送料込)
鶏ガラスープ 美桜鶏 特製つみれ くずきり 藻塩 お米「ゆめぴりか」 お茶(安渓肉桂)
すべて2名様分
※ 会員ログインが必要です
売り上げの一部を、子ども食堂を運営する、
NPO法人 全国子供食堂支援センター・
むすびえ
に寄付します。
© tokotowa All rights reserved.